1. TOP
  2. 趣味

たまにはこんなデートもアリだよね?

映画、遊園地、ピクニック、散歩、食べ歩き、家でまったり…
変わり映えしないデートのバリエーションに仲良しカップルでも段々飽きてきてしまいますよね。

たまには優雅にクラシックコンサートに行くのはいかがでしょうか?

敷居が高そうなデートコースですが、服装やマナーなど、要点を押さえれば怖いもんなしですよ。

クラシックコンサートのマナー

■服装

hukusou
カジュアルな服装で大丈夫です。
この日のためにジャケットやスーツを新調しなくてもOKですよ。

気になるならジャケットの着用をおすすめします。
空調が効いている場合もありますので、体温調整のしやすい薄手の上着を持っていくと良いでしょう。

ただし、サンダルやハーフパンツはNGです。
帽子もコンサート中は脱ぎましょう。

■会場に着く時間

zikan
開演時間を過ぎるとホール内に自由に入場することができません。
開場は開演の30分前であることが多いのでそのくらいの時間にはついているとベストです。

演奏中は席を立つことがあまりできないので、お手洗いなどもすませてから席に着くようにしてくださいね。

■スマートフォン、携帯電話のマナー

kinnsi
ホール内での撮影は禁止です。
演奏中の動画撮影も、もちろん厳禁。

演奏中の雑音はご法度なので、携帯電話の電源は切っておくことをおすすめします。

クラシックコンサート おすすめポイント

■会話が無くても楽しめる

kaiwanasi
演奏は大体2時間程度です。
会話が無くても優雅な時間を2人で共有することができます。

■様々な角度から楽しむことができる

kakudo
映画館では「この場所だと見えづらい・・・」と楽しめない場合もあったりしますが、
クラシックコンサートはどこの場所からでも楽しむことができます。

位置によって見える楽器が異なり、その楽器との距離から聴こえる音も少しずつ違ってきます。

例えば、ピアノ寄りの席であれば「こんなに人の手って繊細に動くんだ!」と感動したり、
チェロや大きな弦楽器の近くであればその音の響きの厚みにしびれるような経験をするかもしれません。

■休憩時間ではバーでお酒を楽しめる

osake
休憩時間がだいたい15~20分くらいあります。
劇場ロビーのことを「ホワイエ」といいます。

ホワイエにはバーコーナーがあるので、軽く飲んでから後半の演奏はほろ酔い気分で演奏を聴くと、また違った楽しみ方ができますよ。

■近くのレストランで余韻を楽しむ

yoin
開演は昼の部は14時頃、夜の部は19時頃から、と比較的早い時間から開始することが多いので、終わった後はレストランでゆっくり演奏の余韻に浸ることができます。

クラシックの音楽でリラックスした気分に、お酒も少し入れば二人の距離はさらに縮まります。

■その他

・喫煙
ホワイエ・コンサートホールはほとんどが禁煙です。
どうしても煙草を吸いたい場合は外に出なければならない場合もあります。
一度外に出る場合には半券を持っていくのを忘れないようにしてください。

・雑音
せきが出そうだな、と思うときにはタブレットケースに入った飴を持っていくのをおすすめします。
クラシックコンサート中は包み紙のカサカサッという小さな音でさえ雑音となってしまいます。

・入場料
クラシックコンサートの入場料、気になりますよね?
最近では入場無料のクラシックコンサートも多く開催されています。初めのうちは家の近くなどで開催されている無料のコンサートに行ってみるのはいかがでしょうか?
高いチケットを買っていくのはそれからでも大丈夫だと思いますよ。

いかがでしたか?

いつもいく場所とは違う空間で会うと、その人の新しい一面を知ることができます。
お互いのこともっと好きになってしまうかもしれませんね。

楽しいデートをお過ごしください♪

撮影協力:朝♪クラ

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ビエボの最新記事をお届けします

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
follow us in feedly

ビエボ編集部

日本最大級のハウツー動画サービス「ビエボ」の編集部です。makes your life better をコンセプトに、毎日の暮らしをちょっと良くするハウツー動画をお届けします。