1. TOP
  2. スポーツ・健康

スノーボードを怪我なく楽しむポイント3つ!

スノーボード 初心者の方必見です。1.痛くならないブーツの履き方 2.ウェアを傷つけない板の持ち方 3.板の正しい履き方を動画でご紹介します。

痛くならないブーツの履き方

スノーボード中に足が痛くなると本当に悲惨です。ちょっとしたコツで対策できるので、スノーボード経験者の方にもおすすめの動画です。ゲレンデに行く前にこの動画をチェック!

スノーボード ブーツの履き方1.かかと側のすき間を空けないようにする
su1

まずはしっかりと足を奥まで入れます。かかとで地面をトントンして、かかと側に隙間を空けないようにします。

スノーボード ブーツの履き方2.内側をしっかり締める
su2

足と内側のタンの間に指が入りづらいくらいに締めるのが目安です。

スノーボード ブーツの履き方3.外側を締める
su3

1回1回しっかりと締めましょう。ただし、ブーツのボトムラインを緩めると圧迫感が減り、リラックスして履くことが出来ます。

スノーボード ブーツの履き方4.ウェアを被せて完成
su4

紐を結び終わったら、下までウェアを被せて完成です。

スノーボード ウェアを傷つけない板の持ち方

板の持ち方にも注意です。ウェアを傷つけない板の持ち方をご紹介します。

片手でボードを脇に抱えてバインディングの間を持つ
su5

これなら板も持ちやすく、ウェアを傷つけることもないですよ。

スノーボード 正しい板の履き方

正しい板の履き方もしっかり確認しておきましょう。

スノーボード 正しい板の履き方1.流れ止めを足首に装着する
su6

かかとをハイバックにしっかりつけたら、流れ止めを足首に装着します。

スノーボード 正しい板の履き方2.ストラップを締める
su7

先に足首に近い方のストラップを、かかと側のエッジを立てながら締めましょう。

スノーボード 正しい板の履き方3.つま先側のストラップを締めて完了
su8

最後につま先側のストラップを締めて完了です。

最後に

いかがでしたか? どれもスノーボードを楽しむための大切なポイントですね。
経験者の方も「初心忘れるべからず」の気持ちで、あらためて確認してみてくださいね。

▼おすすめ記事
新スポーツ!フットゴルフ(サッカー×ゴルフ)の楽しみ方
マラソンの準備体操 はじめてのマラソン・ジョギング
運動会でヒーローに!かけっこで1番になる方法

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ビエボの最新記事をお届けします

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
follow us in feedly

ビエボ編集部

日本最大級のハウツー動画サービス「ビエボ」の編集部です。makes your life better をコンセプトに、毎日の暮らしをちょっと良くするハウツー動画をお届けします。