1. TOP
  2. 裏技

廃油で作るエコなアロマキャンドル

アロマの香りと炎の揺らぎが、リラックス効果を高めるとして人気のアロマキャンドル。自分好みの香りでオリジナルのアロマキャンドルを手作りしてみませんか?

いつもは捨てちゃう廃油を活用した、自然にも優しいエコロジーなアロマキャンドルの作り方をご紹介します。

廃油を使った手作りキャンドルの作り方

まずはじめに用意するものはこちら。

a1

■用意するもの
廃油 100ml
凝固剤 100g
タコ糸
空き瓶
お好みの色のクレヨン
お好みのアロマオイル
割りばし
クリップ
カッター

■手作りキャンドルの作り方1.クレヨンを削る

a2

お好みの色のクレヨン1/2本程度をカッターで削ります。

■手作りキャンドルの作り方2.廃油を熱してクレヨンを溶かす

a3

キャンドル作りに使う廃油は、出来れば2~3回使用した黒くなっていないものがいいでしょう。それを2~3回濾して不純物を取り除いたものを使いましょう。

濾した廃油を80℃を目安に加熱しましょう。油が十分に熱されたら削ったクレヨンを入れて溶かします。優しくかき混ぜて十分に溶かしてください。

■手作りキャンドルの作り方3.凝固剤を入れかき混ぜる

a4

クレヨンが溶けてきれいに混ざったら、油がまだ熱いうちに凝固剤を入れて、軽くかき混ぜます。

■手作りキャンドルの作り方4.アロマオイルを入れる

a5

アロマオイルを入れる前に、火を止めて油の温度を60℃前後まで冷ましましょう。油の温度が高すぎるとアロマの香りが飛んでしまい、低すぎると油が固まってしまうので注意してくださいね。

お好みのアロマオイルを少量入れます。油の量に合わせて、5滴~20滴程入れてみましょう。入れ過ぎると燃やしたときにススが出やすくなるので少量がおすすめです。

■手作りキャンドルの作り方5.クリップにタコ糸を付けたものを瓶底に入れ、割りばしで固定する

a6

クリップにタコ糸の片方を付けて空き瓶底に入れます。もう片方の端を割りばしで挟んで、芯が真ん中になるように固定します。

■手作りキャンドルの作り方6.油を空き瓶に流し込む

a7

芯をセットしたら、油を空き瓶に流し込みます。そして冷えて固まるまで置きましょう。

■手作りキャンドルの作り方7.芯の長さを調節して完成!

a8

冷えて固まったら、最後に芯の長さを0.5cmほど残してカットしましょう。

キャンドルの炎が大きすぎるときは芯が長すぎなのでカットし、小さすぎるときは芯が短いので一度火を消し溶けているロウを捨てて芯を長くしましょう。
キャンドルを最後まで上手に使いきるコツは、使い始めは表面のロウが均一に溶けるまで、約1時間は灯しておくことです。その際、くれぐれもつけっぱなしで寝てったりしないように注意してくださいね。忘れがちですが、キャンドルも火なのでうっかり火事の原因になりかねません。

最後に

いかがでしたか? 思った以上に簡単に出来るので、早速作ってキャンドルナイトを楽しんでみましょう。

お部屋の電気を消して、オレンジ色の炎の揺らぎとお好みのアロマの香りに包まれながら過ごす夜は、きっと格別なものになるはずです。

アロマキャンドルはとても人気でお店にもたくさんの種類が置いてありますが、もしピンとくるものがないなら、自分好みの香りで作る手作りキャンドル、ぜひ試してみてくださいね。

▼おすすめ記事
色付きキャンドルナイト!いつもと違う雰囲気を楽しもう!
ラメとマスキングテープを使って可愛いキャンドルナイトをしよう!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ビエボの最新記事をお届けします

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
follow us in feedly

ビエボ編集部

日本最大級のハウツー動画サービス「ビエボ」の編集部です。makes your life better をコンセプトに、毎日の暮らしをちょっと良くするハウツー動画をお届けします。