1. TOP
  2. フード・ドリンク

【月見】きれいな月に見とれながら…月見だんごの作り方

月見 十五夜用にお団子を作ってみませんか

お月見のお供えに月見だんごを作ってみてはいかがでしょうか。とても簡単で楽しいので、家族で一緒に作って月見を満喫しましょう。

一つかぼちゃを練り込んだお団子を作りますので、お団子で月を表現できてよりgood!

■月見 材料

WS000000

▼用意するもの
だんご粉・・・150g(もち米とうるち米)
砂糖・・・小さじ1杯
水・・・120cc~130cc

■月見 作り方

WS000003

だんご粉に砂糖と水を加え混ぜます。

耳たぶくらいの柔らかさになればOK!

WS000002

棒状にして、包丁で等分に切ったら、団子になるように丸めます。

WS000007

かぼちゃペーストを練り込んで、かぼちゃ団子も作りましょう。

WS000004

お湯に団子を入れ、3~4分茹でます。

団子が浮かび上がったら、冷水にさらしましょう。

WS000005

冷めたらバットなどの上にあげて、「てり」を出すために、うちわなどで団子を少し風にあてます。

お皿に盛ったら、月見団子の完成です!

■月見 お月見の由来とは?

WS000000

・月に感謝をする
・農作物の豊作の祈願と、収穫の感謝をする
・月を眺め、愛でる習慣
これらが合わさったものとされています。
 
抜粋:お月見の由来を簡単に説明!団子やすすきの意味は?十五夜はいつ? | ヘルシースタイルnavi

 
ではお団子を飾る理由は何でしょうか?

団子月を信仰の対承として、豊作の祈願と収穫の感謝をするので、お米を使って月に似せた団子を作って、お供えするようになったと言われています。
 
抜粋:お月見の由来を簡単に説明!団子やすすきの意味は?十五夜はいつ? | ヘルシースタイルnavi

すすきと萩お月見では、団子と一緒に、すすきと萩を飾りますね。すすきは、稲穂に似ていることから、お米の豊作を願って飾られます。
 
地域によっては、すすきではなく稲穂を飾るところもあります。
 
萩は、神様の箸の意味合いがあるそうです。神様が萩を使って団子を食べる・・・ということでしょう。
 
また、すすきも萩も、邪気を避けるとも言われていますので、団子と一緒に飾るものとして使われるようになりました。
 
抜粋:お月見の由来を簡単に説明!団子やすすきの意味は?十五夜はいつ? | ヘルシースタイルnavi

 
詳しい作り方は動画をチェック♪

 

最後に

お月見のお団子やすすきにはちゃんと意味合いがあるのですね。普段お月見をされない方も、今年はお団子を手作りしてお月見されてみてはいかがでしょうか?
 
▼おすすめ記事
【大分の郷土料理】だんご汁の作り方
【栗ご飯】秋の味覚!栗ご飯の基本の炊き方
【お彼岸】おはぎとぼたもちの違い。秋分の日って何の日?

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ビエボの最新記事をお届けします

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
follow us in feedly

ビエボ編集部

日本最大級のハウツー動画サービス「ビエボ」の編集部です。makes your life better をコンセプトに、毎日の暮らしをちょっと良くするハウツー動画をお届けします。