1. TOP
  2. その他

自由研究 2日で間に合う!簡単なのに面白い「とれないビー玉」

自由研究は何をするか決まらず、ついつい後回しにしてしまうことがありますよね。

ぎりぎりになって思い出しても、時間が足りなくて間に合わなかったり、何をしていいのか決まらない…!

そんな時にはこちらの工作を作ってみてはいかがでしょうか?2日で出来てしまう工作ですが、その不思議さはみんなを驚かせることができると思いますよ!

■自由研究 「とれないビー玉」

WS000003
photoby 夏休み自由研究ネタ とれないビー玉 2日で間に合う!

今回ご紹介する工作は、なんと木でできた長方形の箱の中にビー玉が入っているというもの。

穴は四面に空いていますが、そのどれもビー玉が通れる幅ではありません。木にも継ぎ目などはなく、一体どこからこのビー玉は入ったのか、皆目見当もつかないようになっております。

それでは、ネタばらしとともに作り方をご紹介します。

■自由研究 「とれないビー玉」材料

WS000001
photoby 夏休み自由研究ネタ とれないビー玉 2日で間に合う!

▼材料
バルサ材(縦6㎝、横4㎝)
ビー玉(約2.5㎝)
えんぴつ
カッター
定規
紙ヤスリ

バルサ材とは?
 
南米エクアドルで採れる、世界で一番軽量で軟らかな木材です。
 
主に白色で軟らかな木質は、非常に加工がしやすく、カッターナイフでも切断が出来、削りの作業も簡単に出来ます。
 
抜粋:バルサ板 | 建築模型材料・住宅模型パーツの販売 通販「レモン画翠」

 
バルサ材はホームセンターなどで買えます。ネットでも売っていますよ。

■自由研究 「とれないビー玉」作り方

WS000000
photoby 夏休み自由研究ネタ とれないビー玉 2日で間に合う!

バルサ材に線を引きます。ビー玉が2.5㎝ですので窓は小さめです。

WS000002
photoby 夏休み自由研究ネタ とれないビー玉 2日で間に合う!

カッターで線に沿ってぐるっと切れめを入れていきます。

WS000004
photoby 夏休み自由研究ネタ とれないビー玉 2日で間に合う!

次に先に入れた切り口に向かって斜めに刃を入れていきます。

WS000005
photoby 夏休み自由研究ネタ とれないビー玉 2日で間に合う!

刃が入っているとパカッと取れます。この作業をどんどん繰り返します。

WS000006
photoby 夏休み自由研究ネタ とれないビー玉 2日で間に合う!

四面くりぬいたら、容器に水をはります。木が半分沈むくらいの量がいいでしょう。

水のはった容器をレンジでチンします。ラップして500Wで10分。

WS000000
photoby 夏休み自由研究ネタ とれないビー玉 2日で間に合う!

見た目は変化がないですが、木が柔らかくいなっているはずです。

ビー玉を押し込むと入ります!

WS000009
photoby 夏休み自由研究ネタ とれないビー玉 2日で間に合う!

ビー玉を入れる際に凹みができるので、また5分ほどレンジでチンして戻します。

1日乾燥させてから、紙ヤスリをかけて完成!

詳しい作り方は動画をチェック♪

by 夏休み自由研究ネタ とれないビー玉 2日で間に合う!

最後に

バルサ材の加工しやすい材質が「とれないビー玉」を作れる理由のようです。

熱と水を加えて柔らかくなったために、大きさの違う穴でも、ビー玉が通り、乾くと元通り木は固くなり、どこからビー玉が入ったのか分からなくなる、ということですね。

そのままの木の材質でも良いですが、色を塗ったり模様を付けるとより良くなります。加工しやすい材質なので、カッターで色々模様を彫ってみるのもいいんじゃないでしょうか?

▼おすすめ記事
夏休みの宿題に!火のつくジュースの作り方
夏休みの宿題に!初めてでもできる昆虫標本のやり方
夏休みの工作に!ペットボトルで作るホバークラフト

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ビエボの最新記事をお届けします

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
follow us in feedly

ビエボ編集部

日本最大級のハウツー動画サービス「ビエボ」の編集部です。makes your life better をコンセプトに、毎日の暮らしをちょっと良くするハウツー動画をお届けします。