1. TOP
  2. ファッション・ビューティー

日焼け対策♪美肌のための日焼け止めの塗り方

日焼け 日焼けを予防するためには塗り方が大事

紫外線は毎日でていますが、その中でも夏の紫外線は強烈!

しっかり日焼け対策をしていないと、後で真っ赤に日焼けしてしまったり、シミになってしまうことも…。そんな恐ろしい事を避けるためにも、日焼け止めの塗り方はとても大事なんです。

美肌のために、しっかりと日焼け止めを塗りましょう。

■日焼け まずは日焼け止めを塗る時のポイント

WS000003
photoby 美肌仕上げの日焼け止めの塗り方

保湿をする

乾燥すればするほど日焼けしやすくなりますので、必ず保湿してから日焼け止めを塗りましょう。

ムラなく綺麗に塗る

日焼けを予防するためにも、ムラなく綺麗に塗ることが大事。

2~3時間おきに塗り直す

汗をかくと日焼け止めも流れて行きますので、2~3時間おきに塗り直しましょう。

■日焼け 日焼け止めの塗り方

055738637aa0a371a270c91c7e71938e_s

フェイス用にはクリームタイプがおススメです。

汗をかいてもとれにくく、非常に肌なじみもいいです。メイクとの馴染みもいいですね。

日焼け止めの量「3の法則」

通常は小豆1つ分を使いますが、3つ分を手に乗せましょう。

指全体で温める

ミルクタイプでもクリーム対応でも、そのまま使うのではなく、指を使って手のひらの上で混ぜましょう。指全体を使うと早くなじみます。

5か所に日焼け止めを塗る

両頬→額→鼻→顎の順番に、手のひらでなじませた日焼け止めを塗ります。

一番面積が多く、日焼けしやすい頬から塗るのがポイント。一番量がついた状態をつけることができるので、頬が先になります。

塗った日焼け止めは、優しく内側から外側にのばすように塗ります。

手パック保湿をする

塗り終わったら、手のひらを使って優しくパックしていきましょう。

こうすることで肌なじみがよくなって、汗をかいてもとれにくく、メイクのノリも良くなります。

■日焼け 二度塗りの方法

bd53ecf6972c68d1b56e43ad057b45ab_s

アウトドアや、長時間外にいる場合は二度塗りがベスト!

二度塗りの場合、3の法則で日焼け止めを塗った後に、手のひらに小豆一つ分の日焼け止めを出します。

また指で日焼け止めを温め、頬と鼻に重ね塗りしてください。二度塗りする場所は顔全体ではなく、一番日に当たりやすい頬と鼻のみで大丈夫です。

頬は、先程と同じように内側から外側へ、鼻の場合は上から下に向けて塗っていきます。

二度塗りをした場合でも、2~3時間おきに塗り直すことは必要です。

スプレータイプで、メイクの上からでもUVをカットしてくれる日焼け止めを使うと便利ですよ!

スプレータイプを使用する場合は、大体2回プッシュぐらいを顔にかけます。

そのままだとまだらになるので、先程の手パック保湿のように内側から外側に向かってなじませてあげて下さい。

以上!美肌を守る日焼け止めのやり方でした!

詳しいやり方は動画をチェック♪

by 美肌仕上げの日焼け止めの塗り方

最後に

今回は外からの日焼け対策の方法をご紹介しましたが、実は体の中から日焼け対策をすることも可能なんです!

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを多く含む食物はメラニン色素の生成を抑えたり、コラーゲンを生成してくれる働きがあるのだとか。トマトやゴーヤー、ピーマン、モロヘイヤ等があげられますね。

日焼け対策を行って、美肌のまま夏を乗り切りましょう♪

▼おすすめ記事
寿命は2時間?男の日焼け止めの正しい塗り方
アイテム別!日焼け止めを完璧に使う方法
夏バテ防止に!簡単♪赤しそジュースの作り方

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ビエボの最新記事をお届けします

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
follow us in feedly

ビエボ編集部

日本最大級のハウツー動画サービス「ビエボ」の編集部です。makes your life better をコンセプトに、毎日の暮らしをちょっと良くするハウツー動画をお届けします。