1. TOP
  2. 教育

食中毒 食中毒予防のしかた

WS000004
photoby 予防救急「食中毒の予防」

食中毒の原因となる細菌を「つけない!!」「ふやさない!!」「やっつける!!」の3原則で、食中毒を予防する方法をご紹介します。

夏になると食品が傷みやすくなってしまうので、よりいっそう食中毒に気をつけましょう。

■食中毒 「つけない」予防

WS000000
photoby 予防救急「食中毒の予防」

こまめに手洗いをし、調理器具などは清潔にしましょう。

他の食品についた細菌が付着しないように保管しましょう。

使いかけの食材や残り物などは、密閉容器に入れる、ラップをするなどの対処をとってください。

■食中毒 「ふやさない」予防

WS000001
photoby 予防救急「食中毒の予防」

食品の保存温度を守り、調理してからは出来るだけ早く食べましょう。

食品を買ってから帰宅後は、すぐに冷蔵庫にいれるようにしましょう。

■食中毒 「やっつける」予防

WS000003
photoby 予防救急「食中毒の予防」

加熱調理は中心温度が75℃で1分以上加熱しましょう。

ふきんやまな板、包丁なども熱湯や台所用殺菌剤を使って殺菌しましょう。

■食中毒 食中毒になる原因って何だろう?

a7e70d1a1ff6e76e271ce40860c70229_s

食中毒を引き起こす主な原因は、「細菌」と「ウイルス」です。細菌もウイルスも目には見えない小さなものです。
 
細菌は温度や湿度などの条件がそろうと食べ物の中で増殖し、その食べ物を食べることにより食中毒を引き起こします。
 
一方、ウイルスは低温や乾燥した環境中で長く生存します。ウイルスは、細菌のように食べ物の中では増殖しませんが、食べ物を通じて体内に入ると、人の腸管内で増殖し、食中毒を引き起こします。
 
抜粋:食中毒を防ぐ3つの原則・6つのポイント:政府広報オンライン

 
食中毒になる原因は、「ウイルス」や「細菌」によるものです。
 
家畜や食物の表面についている場合があり、きちんと加熱処理を行わなかったりすると、そのまま細菌が食物と一緒に体の中に入ってしまうのです。これが食中毒の原因となります。
 
ステーキなどの一枚肉の場合、中に細菌はおらず表面にいる場合がありますので、表面をじっくり焼いてください。
 
ひき肉や加工食品は表面だけでなく、内部にも細菌がいる可能性があるので、中まで十分加熱処理をしてから食べるようにしてください。ハンバーグを例にあげると、肉汁が透明になって内部の赤みが無くなるぐらいが大丈夫なラインです。

主な原因菌 (カッコ内は潜伏期間)
 
カンピロバクター(1~7日)
サルモネラ(6~72時間)
黄色ブドウ球菌(1~3時間)
腸炎ビブリオ(8~24時間)
腸管出血性大腸菌<O157など>(3~8日)
 
症状
 
腹痛、下痢、吐き気、嘔吐、発熱など。
 
抜粋:7月 夏の食中毒にご用心! | お役立ち情報 | 全国健康保険協会

 
詳しい方法は動画をチェック♪

by 予防救急「食中毒の予防」

最後に

WS000000
photoby 予防救急「食中毒の予防」

食中毒になってひどい場合は死に至るケースもあります。ただお腹が痛くなるだけ、などと侮ってはいけませんよ。

「食中毒予防の3原則」つけない!ふやさない!やっつける!を、覚えて実践して下さいね。

夏場は確かに食中毒が多くなりますが、食中毒の原因になる菌は冬もいます。季節限定でなく、日ごろから意識するようにしましょう!

▼おすすめ記事
プロが教える正しい歯磨きのやり方 前編
プロが教える正しい歯磨きのやり方 後編
牡蠣の焼き方

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ビエボの最新記事をお届けします

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
follow us in feedly

ビエボ編集部

日本最大級のハウツー動画サービス「ビエボ」の編集部です。makes your life better をコンセプトに、毎日の暮らしをちょっと良くするハウツー動画をお届けします。