1. TOP
  2. その他

産前産後によくある事の一つが骨盤に関する悩み。

妊娠したら身体にどんな変化が起こるのか、不安に思っていませんか?

初めての妊娠は未知の世界、心の準備をしておきたいですよね。プレママのために骨盤に関する情報を先輩ママの体験談を元にご紹介します。

<産前>よくある骨盤のお悩み

pregnant-woman-1513183_1280
おなかが大きくなるにつれて腰に負担がかかります。先輩ママさんたちはこんな体験を…。

「妊娠前から腰痛になりやすい体質ではありましたが、妊娠中期に入ると悪化。1時間歩くだけで腰が痛くなり、その痛みは数日引きずります。椅子に長時間座っているだけでも痛みがありました。」

「妊娠5か月を過ぎ、日常生活で不便はありませんでしたが、横になって寝るときに腰に激しい痛みを感じるように。ネットで調べると、妊娠してお腹が大きくなった結果、骨盤がどんどん開いていくのが原因だと書いてありました。一度横になると痛みで起き上がるのがとても辛かったです。結局出産まで痛みは無くなりませんでした。」

もしかしたらこのまま痛みがなくならないのではないか…妊娠中で大事な時期にもかかわらず、そんな思いが頭を過ってしまうそうです。

その他、こんなお悩みも…。

・歩くのがつらい
・階段の上り下りがつらい
・座り仕事がつらい
・家事がつらい
・恥骨が痛い
・足の付け根が痛い

<産後>よくある骨盤のお悩み

baby-821625_1280
産後すぐは骨盤がぐらぐら不安定。骨盤のお悩みは産後も、多くのママからあげられました。

「産後は腰痛、尿もれがありました。助産婦さんに聞いたところ、原因は骨盤のゆるみ、筋肉の衰えだと言われました。出産のときに女性ホルモンの働きで、骨盤の恥骨結合という部分をゆるめて赤ちゃんが外に出てくるのですが、産後にそのゆるみが元に戻らないことで、腰痛や尿もれなどが起きるのだそうです。」

「産後、骨盤のゆるみで腰痛が起こりました。自然に骨盤の開きは元に戻っていくものですが、なれない赤ちゃんの世話に慌ただしく動いたり、赤ちゃんを抱くときに、しっかり支えなければと余計な力が入るせいで無理な姿勢をとってしまうことが。そのため不安定な骨盤に負担がかかり、腰痛が悪化してしまいました。」

「ゆるんだ骨盤が元通りに戻らなかったせいで、妊娠前に履いていたデニムが履けなくなりました…。ファスナーが閉まりませんでしたね。」

お産で骨盤がゆるんだために、他にもこのような事が起こります。

・体重が戻っても体型が戻らない
・お尻が大きくなり産前の洋服がはいらない
・1日に何度もするおむつ替えやだっこなどの時、腰が痛い

骨盤のゆるみからくるつらさは骨盤ベルトで軽減されます!

comment_pj

妊娠するとホルモンの関係で骨盤がゆるみ、恥骨が痛くなってきます。痛いのをかばうために姿勢が悪くなり、余計に骨盤がずれ、それが肩こり、頭痛、腰痛などの原因となります。ゆるんだ骨盤をきちっと固定することで痛みが軽減されます。

妊娠中や産後の不調は骨盤がゆるむことが原因だったのですね。では、骨盤ベルトはどんなものを選んだらよいのでしょうか?

骨盤ベルト選びで大切な事

骨盤ベルトは、産前も産後も使えるものと、産後用のものがあります。

■骨盤ベルト選びのポイント1 簡単に着用できる

320cce7780627c8fd4f6f1b499dfff87_m
ただでさえ体がへとへとな産後、つけるのが面倒だったり手間がかかる骨盤ベルトは一生タンスの中に埋もれてしまう可能があります!

・つける手順が難しくなくて、初心者の妊婦さんでも簡単につけられる。
・つける動作がやりやすい。
・時間をかけずにサッとつけられる。

■骨盤ベルト選びのポイント2 締め具合を調節しやすいもの

fbd53228f553a822842364c980c55dfb_s
骨盤ベルトは骨盤をしっかり締められることが大切。長い時間つけるものなので、締め具合の調節がしやすいことも重要ポイントになります。

・手間をかけずに調節できる。
・体調にあわせて締め具合の調節ができる。
・立ち仕事や外出のときはしっかりホールド、リラックスタイムに少しゆるめるなど、シーンに応じて調節がすぐできる。

■骨盤ベルト選びのポイント3 痛くなったり、くい込んだりしない

water-1245677_1280
骨盤ベルトをあきらめてしまった方は、「痛くなって長くつけていられなかった」というお話をよく聞きます。着用時にストレスがない、快適なつけ心地のものを選びましょう。

・痛くなったり食い込んだりしない素材のものを選ぶ。
・体にフィットする、伸縮性のあるものがよい。
・お店などで試着もおすすめ。

■骨盤ベルト選びのポイント4 動いてもズレない

alley-1582731_1280

「ベルトはすぐズレる」という声もよく聞かれます。動くたびにズレてつけ直すのは面倒ですよね。

・体の動きにフィットする作りになっている
・よく伸びる素材
・ズレにくい形

■骨盤ベルト選びのポイント5 ムレたり、かゆくなったりしない

newborn-1328454_1280
妊娠中は肌が敏感になる人も。特に夏場など気温が高くなる季節はムレたり、汗でかぶれたりするにが気になりますよね。

・通気性のよい素材のものを選ぶ。

骨盤ベルトの正しいつけ方


「骨盤ベルトはお腹がきついからやめた」という人は、本来つけるべき位置よりもずっと上につけてしまっていたり、間違ってつけている人が意外と多いんだそうです。

産前も産後も使えるピジョンの産前産後マタニティベルトは伸縮性抜群のやわらか素材でくいこみにくく、痛くなりにくくなっています。また、ムレが気になるおしりの部分はメッシュ素材なのでつけ心地は抜群。お尻を上下でホールドする形でズレにくいことも魅力的です。

正しい使い方を動画でチェックして、快適なマタニティライフを送ってくださいね!

■参考URL
長く使える産前産後マタニティベルト

★ママのはじめてサポートサイト | ピジョンインフォ
プレママ編
産後ママ編

▼おすすめ記事
妊婦帯(腹帯)の選び方| ピジョン いつから?どれを使う?
産後は骨盤がゆるゆる!骨盤ケアに最適な時期、方法。

提供:ピジョン株式会社

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ビエボの最新記事をお届けします

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
follow us in feedly

ビエボ編集部

日本最大級のハウツー動画サービス「ビエボ」の編集部です。makes your life better をコンセプトに、毎日の暮らしをちょっと良くするハウツー動画をお届けします。