1. TOP
  2. 趣味

切り絵 あれが代用に?専門道具がなくても楽しめる切り絵の世界

WS000000

切り絵で最低限必要なものは、紙とはさみ。とてもシンプルですが、だからこそ、使う道具は自分に合うものを選びたいですよね。

今回は、切り絵のはさみについて、切り絵作家の最上朋香さんに教えて頂きました。

切り絵初心者 初級編①「切り絵づくりの流れ」もどうぞ

■切り絵 家庭のもので切り絵を楽しむ

WS000001

切り絵には専用の道具があります。画像は切り絵専用のはさみで、薄く先が尖っているのが特徴です。

切り絵は尖った先端で穴を開けて切っていきますので、この形のはさみが切り絵を作りやすいです。

WS000004

切り絵専用のはさみがない場合は、家庭にあるもので代用できますよ。

WS000005一般的なはさみ。
先が尖っていない場合は、折って内側に切れ込みを入れます。
つまようじも穴あけの代用になりますよ。
WS000003眉切りばさみもおすすめ。
薄く尖っているので、特徴が専門のものに似ています。

人によって使いやすいものが異なるので、自分に合った道具を探してみましょう。

詳しい作り方は動画をチェック♪

最後に

最初は代用のものを使って切り絵を楽しむのもいいですが、手慣れてきたり、もっと難易度の高いものをやりたい場合は、やはり専用のはさみを使うほうがいいですね。1000円しない値段のものも多くありますので、一度使ってみてください。

▼撮影協力
切り絵作家 最上朋香
最上 朋香(@mon6mon6)さん | Twitter
SCISSORHANDS|切り絵 最上朋香 officialホームページ

▼おすすめ記事
プロに教わる切り絵の作り方 初級編1~大まかな流れ~
読書で使える!折り紙で作る「えんぴつしおり」
取っ手がワンポイント!和折紙で作る「花かご」

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ビエボの最新記事をお届けします

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
follow us in feedly

ビエボ編集部

日本最大級のハウツー動画サービス「ビエボ」の編集部です。makes your life better をコンセプトに、毎日の暮らしをちょっと良くするハウツー動画をお届けします。