1. TOP
  2. その他

川遊び ただ石を投げるだけではない、水切りの奥深さ

WS000001

水切り初心者のために、石の選び方、持ち方・投げ方を、熊谷水切り倶楽部の水切りの達人、森川 寛氏に教えていただきました。森川氏は最高ジャンプ数40回以上の超猛者です。

「今は河原にも町にも石ころがない」。森川氏は言います。

「中流域は石が多いから、そういう場所は水切りにいい。静かな水面、危険のない場所であることも大事」。森川氏は終始笑顔で語りました。これから大好きな水切りのことがたくさん喋れる、誰かにこの素晴らしさを教えることができるという喜びが感じられるようです。

■とにかく良い石で投げることが大事

WS000003

「超薄型の石。これは肩が弱い人、特に女の子なんかが投げると、ちょろちょろちょろっと可愛い波紋を刻むんですよ。この石は」。

声から楽しそうな、愛おしむような感情が見えます。波紋が可愛い。初めて耳にする表現ですが、まるで目の前にその可愛らしい波紋が出現したかのように想像ができました。本当に好きなものを語る人の言葉というのは、凄い。

■指に引っ掛けて石をできるだけ回転させる

WS000002

「こう持ってもいけません。こう持つと石がひらひら、ひらひらして角度が安定しません」。石の持ち方を語る森川氏の声は真剣そのもの。

石の選び方もとても大事ですが、持ち方なくしてはどんなに良い石を選んでも遠くへは飛びません。石と人間の二人三脚で、水切りは成り立つ、素晴らしい波紋を見せてくれる、ということを知っていなければならないのです。

■膝付きは低い位置から石を投げられます

WS000007

実際に川べりに膝を付き、投げる姿勢をとって森川氏は語ります。低い位置から投げる石は入水角度も調節しやすいのだとか。小さい女の子でも跳ねさせるのが可能のようです。

「立ち投げは全身が使えるので、強い石が投げられます。そうするとたくさん跳ねる可能性が増えます」。実際に森川氏が立ち投げをしてみます。

「あ、石にぶつかる!」森川氏が投げた石の直線状には、川から石が突き出ていました。ですが森川氏の石は川の石をすいっと避けるように上を通過し、長く遠くまで水を切り、綺麗な波紋を残して川に消えていきました…。

詳しい水切りの方法は動画をチェック♪

最後に

WS000004

「何もない場所でね、良い石を投げると、発見が多くて早く上手になるよ!楽しいよー!」最後に楽しそうに話す森川氏。

森川氏の言葉通り、水切りは楽しいのでしょう。そう思う理由は、森川氏の終始楽しそうな姿を見ていれば明白でした。

幼いころにやった水切り。あの頃は綺麗な石、変な形の石を見かければ拾ったものですが、今はもう落ちている石を手に取ることも、見ることさえもしなくなってしまいました。ですが、森川氏の楽しそうな姿を見ていると、幼いころになくしてしまった気持ちが少し取り戻せたような、あの頃の気持ちに寄り添えたような不思議な気持ちを感じました。

今度河原に行ったらやってみよう…そう思う気持ちを、森川氏は取り戻してくれたように思います。

■水切りの達人 森川寛
・熊谷水きり倶楽部代表
・2010年 46段の日本記録を達成
・水切り遊びを通じ、子どもたちの自然に対する感性がたくましく育つきっかけになることを願い活動中。

▼熊谷水切り倶楽部
http://www2.odn.ne.jp/~cdu32250/2taitoru/mizukiri.html

▼おすすめ記事
達人が教える水切りの仕方~神業編~
山の日!山を楽しむ7の方法
初めてでもできる昆虫標本のやり方

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ビエボの最新記事をお届けします

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
follow us in feedly

ビエボ編集部

日本最大級のハウツー動画サービス「ビエボ」の編集部です。makes your life better をコンセプトに、毎日の暮らしをちょっと良くするハウツー動画をお届けします。