1. TOP
  2. -

ボジョレーヌーボー 11月第3木曜日はボジョレーヌーボーの解禁日です

eat-1288805_640

11月の第3木曜日…それは毎年ボジョレーヌーボーが解禁される日ですね。

日本ではボジョレーの解禁日がニュースで取り沙汰されるほどの人気ですから、この日に合わせて仲間内でワイン会をする方も少なくないんじゃないでしょうか?

今回はそんなワイン会にぴったりの、ボジョレーヌーボーに合うおつまみをご紹介します。もちろん家で一人酒にもぴったり!

解禁日はボジョレーと美味しいつまみで最高のひと時を楽しみましょう。

①食欲を駆り立てる「トマトと生ハムのカルパッチョ」

まずは食欲を駆り立てる前菜、トマトと生ハムのカルパッチョからです。

色鮮やかなトマトと生ハムを目で楽しみ、少々塩気のある味で食欲を増進させます。

口当たりの軽いボジョレーには、あっさりとした料理が合うのでカルパッチョはぴったりです。

②食べやすい「ベジチーズスティック」

フィンガーフードは軽食として食べやすさピカイチですので、御呼ばれのワイン会にはもってこいの料理です。

軽く食べられますので、おつまみとしても最適。

また、チーズはやはりワインに合いますので、ボジョレーとの相性もいいですよ。

③バケットと一緒で完成形「海老のアヒージョ」

スペイン料理で定番のアヒージョ。バケットを浸して食べると最高に美味しいこちらは、もちろんワインにも合います。

一見難しそうですが、にんにくを入れたオリーブオイルに具材を入れるだけ!

一人での晩酌にも、御呼ばれのワイン会でも簡単に作ることができます。

④ほくほくのオムレツをワインとともに「スペインオムレツ」

フライパン一つで作れて、ボリュームのあるスペインオムレツ。

切り分けて食べれるので、大人数で食べやすい料理の一つです。

具材はじゃがいものほかにハムやトマトなども入れると、見た目の鮮やかさが増してgoodですよ!

⑤フランスの伝統的な家庭料理「アッシェ・パルマンティエ」

フランスの伝統料理であるアッシェ・パルマンティエと、フランスワインであるボジョレーを一緒に頂く贅沢といったら…。

もちろん、この二つが合わないわけがありませんよね。少々凝ったつくりの料理ではありますが、家庭料理なだけあって決して難しいものではありません。

フランスの伝統料理と一緒に、フランス産のワインを味わってください。

⑥おつまみスナック「チーズスナック」

仲間内でおしゃべりしている間に電子レンジにセットしておけば、いつのまにかチーンと出来上がっている、スライスチーズを使った簡単スナックです。

チーズ味のスナックは数多くありますが、これなら純度100%のチーズを楽しむチーズスナックが出来上がります!

大量に作って軽いおつまみにしましょう。

最後に

red-wine-1369425_640

一年に一度しか味わえないボジョレーヌーボー。

ワイン好きも楽しみなワインですが、ワインに明るくない人からも人気を誇っているんです。

フレッシュで軽く、フルーティなため女性も飲みやすい。ワイン初心者の入門酒としてもぴったりなんですよ。

さぁ、今年のボジョレーヌーボーはどのような味になっているのでしょうか?例年通り美味しいワインが出来上がっているといいですね。

晩酌でも飲み会でもワイン会でも、今年だけのボジョレーヌーボーを味わってください。

▼おすすめ記事
カリカリチーズトマトの作り方
サクッと開けられる、ワインボトルの開け方
ワインの保存方法

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ビエボの最新記事をお届けします

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
follow us in feedly

ビエボ編集部

日本最大級のハウツー動画サービス「ビエボ」の編集部です。makes your life better をコンセプトに、毎日の暮らしをちょっと良くするハウツー動画をお届けします。