1. TOP
  2. 裏技

防災グッズ もしもの時に作っておこう・覚えておこう

ws000000

地震などの災害が起きたときのために用意しておきたいのがこちら、新聞紙スリッパです。

大きな地震でガラスや食器類などが割れている場合、靴下や裸足で歩きまわるのは大変危険です。

新聞紙スリッパを作っておいて、寝室や防災グッズの中に置いておくといいでしょう。

折りたたんでおいておけば、日常で邪魔になることもありません。作り方を覚えておくと、もしもの時に重宝しますよ。

■まずは一枚の新聞紙を半分に折りましょう。

ws000001

さらに真ん中に向けて端を折り、折り目をつけます。

さらに折ってこの形にしましょう。

■ひっくり返します。

ws000002

端を三角に折ります。

三角に折った際に端と端がくっつく場所を記憶しておき、三角の端を元の状態に広げます。

記憶した場所まで新聞紙を下から上へ折ります。

■新聞紙を広げて中へ折りこみます。

ws000003

重なった部分を三角に内側に折りこみましょう。

四隅に四角を折ったら、折った四角を中に折ります。

■別の新聞を用意し、折った新聞のサイズに合わせて折ります。

ws000004

合わせたら新聞を中に入れましょう。

これで完成です!

詳しい作り方は動画をチェック♪

最後に

新聞紙の半分のサイズで作ることができますが、その場合耐久性があまりないのでガラスや釘などを踏み抜いてしまう場合があります。

なるべく新聞紙一枚と、中に入れる分のもう一枚で作るようにしましょう。

一セット作る場合は新聞紙4枚が必要です。半分のサイズの新聞紙を使えば、子供用のサイズも作ることができます。

是非作ってストックしておいてください。

▼おすすめ記事
乾電池で火を起こす
スマホを使ってランタンを作る方法
新聞紙ゴミ箱のつくり方

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ビエボの最新記事をお届けします

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
follow us in feedly

ビエボ編集部

日本最大級のハウツー動画サービス「ビエボ」の編集部です。makes your life better をコンセプトに、毎日の暮らしをちょっと良くするハウツー動画をお届けします。