1. TOP
  2. 裏技

アウトドアの季節がやってきた

ca1916d5367d9044134391c2af3dbcb6_s
photo by 「キャンプ」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

待ちに待った夏がやってきましたね!

夏と言えば、キャンプやBBQなどのアウトドアが楽しめます。

今年の夏も、普段の日常を忘れて思いっきり楽しんでみてはいかがでしょうか?

今回は、アウトドアで使える便利な裏技術をご紹介いたします。

なるほど!な裏技術がたくさんありますよ♪

【アウトドアで使える裏技術】その1.ワセリンで着火剤が作れます


保湿アイテムとして有名なワセリンで、着火剤を作れるんです。

手間がかからず、持ち運びもできるのでとても便利ですよ。

火の扱いには十分ご注意ください!

【アウトドアで使える裏技術】その2.紙皿でお湯を沸かしましょう

お鍋・やかんが無くても、紙皿だけでお湯を沸かせます。

紙皿だと燃えてしまう…と思った方、ご安心ください!

紙が燃える温度は300℃なのに対し、沸騰したお湯は100℃のままなので、紙皿の接地面は燃えにくくなるんです。

少量のお湯を使う場合にオススメですよ。

【アウトドアで使える裏技術】その3.もやしの水切りだって、ザルなしで簡単です

何かと荷物が多くなってしまうアウトドア。

荷物はできるだけ減らしたいと思ったら、ぜひ試して頂きたい裏技です。

なんと、もやしの水切りがザルなしでできちゃう方法です。

荷物も減らせて洗い物も楽って…素晴らしいですよね♪

【アウトドアで使える裏技術】その4.にんじんの皮はペットボトルの蓋でむきましょう

にんじんの皮はピーラー…ではなく、ペットボトルの蓋でむきましょう。

蓋のギザギザ部分が刃の代わりになり、皮をむくことができるんです。

包丁を使わずに皮がむけるなら、子供も安心してお手伝いできますね♪

最後に

いかがでしたか?

ご紹介した裏技術を参考に、素敵なアウトドアの思い出を作れると良いですね♪

▼おすすめ記事
コールマンが教えるアウトドアでの美味しいご飯のつくり方
バーベキュー(BBQ)で役に立つ!上手な炭のおこし方
胸キュン用品でチーズフォンデュを楽しむ方法

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ビエボの最新記事をお届けします

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
follow us in feedly

ビエボ編集部

日本最大級のハウツー動画サービス「ビエボ」の編集部です。makes your life better をコンセプトに、毎日の暮らしをちょっと良くするハウツー動画をお届けします。