1. TOP
  2. フード・ドリンク

B級グルメ お手軽屋台飯「はしまき」

九州のお祭りでよく食べられるB級グルメ「はしまき」の作り方をご紹介します。

はしまきとは、お好み焼きを薄く焼いてお箸に巻いたもので、屋台などで多く食べられていますよ。中身はシンプルにキャベツだけだったり、もしくはチーズや天かすが入っていたりします。

屋台ごとで中身が違っていたりするのは楽しいですよね。自分で作る際もお好みでアレンジしてみましょう♪

■B級グルメ 「はしまき」材料

WS000006

▼用意するもの(4本分)
お好み焼き・・・100g
卵・・・1個
水・・・200cc
キャベツ・・・1/2個
お好み焼きソース・マヨネーズ
鰹節・青のり
手ーズ・天かす(お好みで)
お箸

■B級グルメ 「はしまき」作り方

WS000001

ボウルにお好み焼き粉と水を入れよくかき混ぜます。

ダマがなくなるまで混ぜたら卵を加え、混ぜ終えたらキャベツを加えます。

WS000008

油を薄く引いたホットプレートにおたま一杯分ほど広げます。

おたまの底をすくって薄く広げ、お好みでチーズや天かすなど入れましょう。

WS000002

表面がぷつぷつしてきたら箸を乗せ、箸の方から巻いていきます。

WS000003

ソースとマヨネーズ、青のり、鰹節をふったら完成です!

■B級グルメ はしまきアレンジレシピ

0651362b06abb208aaec6d1e7a531aa7_s

オーソドックスなのが、キャベツのみで巻かれたはしまきですが、他にも様々なはしまきのアレンジレシピがあるのです!

いくつかご紹介していきましょう。

たこ焼きの粉ではしまき

【必要な食材】
・たこ焼きの粉 100g
・卵 1個
・水 200cc
・だし醤油 小さじ1
・キャベツ 1.5枚
・ねぎ、紅ショウガ、チーズ 各適量

【手順】
1.キャベツはみじん切りにしてすべての材料を混ぜ合わせる。
2.すべての材料を混ぜ合わせる。
3.サラダ油を熱したフライパンに薄く生地を広げて焼く。
4.両面に焼き色がついたら端から巻いていき、ソースやマヨネーズをかけて出来上がり。

抜粋:屋台風【はしまき】でお祭り気分。ひと味ちがうアレンジレシピも◎|CAFY [カフィ]

目玉焼きをトッピング

【必要な食材】
・◎薄力粉 150g
・◎水 2カップ
・◎だしの素 小さじ1
・◎醤油、みりん 各小さじ2
・◎卵 1個
・キャベツ 1枚
・天かす 大さじ4
・トッピング目玉焼き用卵 4個

【手順】
1.◎を順に混ぜ合わせていく。
2.ホットプレートに油をひき、生地を楕円形になるように広げる。
3.みじん切りにしたキャベツ、天かすをちらす。
4.割り箸で端から巻いてく。
5.目玉焼きを作り、はしまきにのせてソースやマヨネーズをかけたら出来上がり。

抜粋:屋台風【はしまき】でお祭り気分。ひと味ちがうアレンジレシピも◎|CAFY [カフィ]
イカ入り、粉なし

【必要な食材】
・卵 2個
・かつおだしの素、醤油 少々
・マヨネーズ、ソース、かつお節 各適量
・いか、刻みねぎ 好きなだけ
・塩、コショウ 少々

【手順】
1.溶き卵に塩コショウで炒めたいか、刻みねぎ、醤油、かつおだしを入れて混ぜ合わせる。
2.フライパンに生地を広げて焼いていき、端からくるくる巻いていく。
3.ソース、マヨネーズ、かつお節、ねぎをかけて出来上がり。

抜粋:屋台風【はしまき】でお祭り気分。ひと味ちがうアレンジレシピも◎|CAFY [カフィ]

他にもアレンジレシピはありますので、お気に入りの一品を探してみて下さいね。

詳しい作り方は動画をチェック♪

最後に

簡単にできて美味しいB級グルメ「はしまき」。

シンプルなだけにアレンジ方法は無限大ですので、屋台ににもない、自分だけのはしまきを作ってみましょう!

▼おすすめ記事
くず野菜、残り物でお好み焼きを作る方法
炊飯器で巨大お好み焼きを作る
ズボラ主婦が作る「子どものおやつ」~みかんあめ編~

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ビエボの最新記事をお届けします

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
follow us in feedly

ビエボ編集部

日本最大級のハウツー動画サービス「ビエボ」の編集部です。makes your life better をコンセプトに、毎日の暮らしをちょっと良くするハウツー動画をお届けします。