1. TOP
  2. フード・ドリンク

【カツレツ】溢れ出るバターがやみつき!ウクライナのチキンキエフ

カツレツ バターをお肉でくるんで揚げた、ウクライナの伝統料理

キエフ風カツレツとも呼ばれるチキンキエフは、サクッと噛めば、中からバターがとろりと出てくるのが特徴的なウクライナの伝統料理です。

しかもバターにはにんにくなどで味付けしているため、その濃厚さがまた美味しい。お肉にもその味がつくので、ソースなどはいらないかも知れませんね。

とにかく、チキンキエフを切った瞬間の、とろりと溢れるバターを感じたい人は是非作りましょう!

■カツレツ チキンキエフの材料

WS000002

▼材料(2人分)
鶏のささみ・・・200g(4本)
ディル・・・適量
バター・・・30g
にんにくペースト・・・適量
塩・胡椒・・・適量

~衣用~
小麦粉・・・適量
溶き卵・・・1個分
パン粉・・・適量

■カツレツ バターの準備をします

WS000000

ディルは細かく刻みましょう。

ここでご説明!

ディルとは、地中海沿岸原産のセリ科のハーブで、葉にはさわやかな芳香があり、魚とよく合うので「魚のハーブ」とも呼ばれ、鮭によく使われます。

また、ディルをきざんでドレッシングやマヨネーズ、スープなどにも使います。

抜粋:料理レシピ基本用語 / ディル|ネスレ バランスレシピ

WS000003

室温で溶かしたバターと、先程刻んだディル、にんにくペーストを加えて混ぜ合わせます。

ラップに包み、冷蔵庫で冷やしておきましょう。

この時、バターを俵型にしてラップに包んでおくと、後でお肉を巻くときに楽ですよ!

■カツレツ お肉の用意をします

WS000010

ササミを筋にそって、包丁を入れ開きます。

WS000004

ささみにラップをかぶぜ、麺棒で叩きのばしましょう。

十分にのびたら、塩・胡椒をします。

■カツレツ バターを包んで揚げます

WS000006

冷蔵庫からバターを取り出し、4等分にします。

WS000005

バターをササミにのせ、はみでないように包みましょう。

WS000007

小麦粉、溶き卵、パン粉の順にまぶし、180℃の油でキツネ色になるまで揚げます。

WS000001

完成です!お好みでレモン汁をふりかけて召し上がれ。

詳しい作り方は動画をチェック♪
https://youtube.com/watch?v=Xo3Tbub6nxc

最後に

あふれ出るバターがなんとも美味しそうですね…。今回はささみで作りましたが、鶏むね肉で作る方法もありますので、お好きな方法を試してみて下さいね。

鶏むね肉の方のレシピもとても美味しそうです…。少しご紹介しましょう。

★作り方

鶏胸肉は皮をとりのぞく。
バターを入れるポケットを作るため、胸肉に切り込みを入れる。
肉の厚い方を手前にして、切り落としてしまわないように注意し、ポケットを作る。
ポケットの中に厚さ7mmほ程にスライスしたガーリックバターを数枚入れる。

抜粋:チキンから流れるガーリックバターが良い香り チキンキエフ/Chicken Kiev: Cooking at SW London

後の工程である衣をつけて揚げるところは、今回のレシピと一緒です。違うところは鶏むね肉を丸ごと使い、切りこみを入れてそこにバターを入れるところですね。こちらも美味しそうです…!

ちなみにチキンキエフの”キエフ”とは、ウクライナの首都キエフから取られた名前のようですよ。

それではチキンキエフを味わって下さいね!世界のおいしいレシピでした。

▼おすすめ記事
トンカツの衣がはがれにくくなる方法
【裏技】古くなった油の簡単な捨て方(処理の仕方)
オクラとささみのおかか和え

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ビエボの最新記事をお届けします

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
follow us in feedly

ビエボ編集部

日本最大級のハウツー動画サービス「ビエボ」の編集部です。makes your life better をコンセプトに、毎日の暮らしをちょっと良くするハウツー動画をお届けします。