1. TOP
  2. フード・ドリンク

魚のうまみがぎっしり♪魚のクリーム煮

今回ご紹介するスープは、魚のあらでとった出汁を使います。その出汁で煮込んだ魚介をレモンと生クリームで仕上げる北欧の定番スープです。

魚のあらから丁寧に作った出汁(だし)をベースに煮込むため、コク深いスープに仕上がるのです。体の芯までほっこり温まる、寒い夜におすすめのスープです。

早速、作り方を見てみましょう。

■クリーム煮 材料

1
(材料)
・魚のあら・・・200g
・ニンニク・・・1片
・白ワイン・・・大さじ2

★生サケ・・・1切れ
★生タラ・・・1切れ

★玉ネギ・・・1/3個
★ニンジン・・・1/3本
★セロリ・・・1/2本

・バター・・・10g
・小麦粉・・・大さじ1
・生クリーム・・・150ml
・レモン汁・・・小さじ2
・塩 胡椒・・・少々
・ハーブ(ディル)適量

■クリーム煮 魚からダシをとります

3
魚のあらは熱湯をかけ流水で血合いや鱗(うろこ)などを洗い流しておきます。

ニンニクはつぶしておきましょう。

鍋に水、魚のあら、白ワイン、ニンニクを入れて中火で7~8分煮込みます。

煮立つ前に弱火にし煮立たせないようにしてください。

具材をこして魚のスープをとります。

■クリーム煮 具材を炒めます

4
★の食材を切り、バターを溶かした鍋でしんなりするまで炒めます。

小麦粉を加え焦がさないように1~2分炒めます。

■クリーム煮 スープと具材を合わせます

5
魚のスープを少しづつ加え、野菜が柔らかくなるまで7~8分煮込みます。

魚を加えアクを取りながら3分ほど煮込みます。

■クリーム煮 味を調えます

6
生クリームを加え、ひと煮立ちさせます。

レモン汁・塩・胡椒で味を調えます。

■クリーム煮 完成

7
器に盛り刻んだハーブを散らしたら完成です。

詳しい作り方は動画をチェック♪

臭みの無い魚の出汁の取り方

霜降り(熱湯をかける)だけでは、魚の臭みが取れるか心配という時ありますよね。

そんな時は、魚に塩をふって少し冷蔵庫で寝かしてから霜降りをするといいですよ。

また、霜降りをするかわりにグリルなどで焼いて”焼きあら”にすると、臭みけしはもちろんのこと、焼くことで香ばしさも増します。

アラ(頭、カマ、中骨)はよく洗って、
両面にしっかりと塩をふり20〜30分程度冷蔵庫に置きます。それをさっと熱湯にくぐらせて(霜降り)冷水にとり、取りそこねた鱗や血のかたまりを綺麗に洗い水をきります。こうして塩で身をしめてから熱湯に通すことで生臭い血液が凝固してとれやすくなり、ウロコなども完全に除くことができます。
料理サロン ひとつむぎ

最後に

「家庭的な女性だな」っと思わせて彼氏の胃袋をつかむには、おすすめのレシピです。

魚のあらから出汁をとって料理をする同世代はいないはず。

そろそろ結婚したい彼氏に料理を作ってあげる時には、思い出してほしいレシピです。
 
▼おすすめ記事
インドネシア 自宅で簡単!ナシゴレンの作り方
韓国料理 チャプチェの作り方
ヨーグルトがきめ手!アフガニスタン定番料理

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ビエボの最新記事をお届けします

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
follow us in feedly

ビエボ編集部

日本最大級のハウツー動画サービス「ビエボ」の編集部です。makes your life better をコンセプトに、毎日の暮らしをちょっと良くするハウツー動画をお届けします。