1. TOP
  2. 裏技

裏技 乾電池とあるものを使えば火を起こせる!?

ws000000

乾電池とあるものをくっつけるだけで、なんと火が起きるのだとか!

果たしてその”ある物”とはなんでしょうか?実験してみましょう。

■裏技 使うのは普通の単三乾電池と…

ガムの銀紙です!

ws000001

銀紙を半分に切って、真ん中を細くするような形でさらに切ります。

■裏技 銀紙を内側にして、乾電池の+-を挟みます

ws000002

しばらく挟んでいると、なんと火がつきました!

火の取り扱いには十分注意してください。行う際は軍手などを使い、直接触らないようにしましょう。

仕組みとしては、乾電池の電流が銀紙を伝わって流れ、銀紙の細くした部分が熱を持って発火するというもののようです。

詳しいやり方は動画をチェック♪

最後に

非常事態、自然災害、遭難…火が必要だけど火がない危機的状況時にも使える裏技です。ですが危険でもありますので、小さいお子さんにはさせないようにしましょう。

また、日常で乾電池のそばにガムや銀紙に包まれているチョコを置かないようにしたほうがいいかもしれません…。もしかしたら火がついてしまう危険性があります!

この裏技は十分気をつけて行いましょう。

制作協力:便利ライフハック
(https://www.youtube.com/user/benriwaza)

▼おすすめ記事
電池の残量バッテリーを一瞬で把握する方法
電池のサイズが合わない時の対処法
意外なものでハサミの切れ味を復活させる方法

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ビエボの最新記事をお届けします

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
follow us in feedly

ビエボ編集部

日本最大級のハウツー動画サービス「ビエボ」の編集部です。makes your life better をコンセプトに、毎日の暮らしをちょっと良くするハウツー動画をお届けします。